社会保険労務士 通信


通信の必要性は?

はじめに結論から言うと、社会保険労務士試験に合格するには、
通信は必要条件ではありますが、絶対条件ではないということです。
つまり、通信を受講しなくても合格はできますが、通信がなければ合格は難しくなると言うことです。
尚、ここで言う通信には通学という意味も含まれています。

 

社会保険労務士試験の学習を少しでもはじめた方、もしくは試験情報をしっかりと調べた方ならわかると思いますが、非常に難易度の高い試験です。
試験範囲が広く、普段聞きなれない単語や概念が沢山出てきます。
そうした試験に合格するためには、攻略法を知っているプロの講義を聞いたり、ノウハウの詰まった教材を使ったりしなければいけないのです。

 

もちろん、通信を使わなくても合格している人も沢山いますし、独学でコツコツ学習しながらでも合格出来ない事はありません。
しかし、現実にそれが出来る方は、本当に学習ができる方か、何年も辛い思いをして、
学習してきた人達です。
現実は、独学で勉強するとほとんどの方は挫折していくのです。

 

ですから、可能な限り通信などの教育機関を利用して、効率的に学習することが、
社会保険労務士試験の近道と言えます。

 

但し、是非とも理解してほしいのが、通信の学習が効率的だといっても、
自分自身が本気で合格したい気持ちを持たなければ合格することは出来ません。

 

通信などの教育機関を受講する方の中には、「私を合格させて下さい」というような他力本願の方がいます。
しかし、実際に勉強するのは、自分自身なので、他人に合格をゆだねているようでは、
いつまでたっても合格できないのです。

 

そのことは忘れないで下さい。

社会保険労務士に最短で合格するためには、
通信は非常におすすめですが、
お金を使わず、時間を使いじっくり学習したい方は、
独学で学習すると思います。
⇒社会保険労務士の独学総合サイト


>>10万人以上が使用した、通信講座の決定版<<